レントゲンには骨しか写らないんです。これって実はすごく重要なこと

 痛みがあったりケガをして

病院や整形外科にいくと、

レントゲンをとってもらうことが

多いと思いますが、

そのレントゲンは

骨しか写りません

つまり、骨折に関しては診断する

ことが可能です

 

しかし、痛みがでる原因は、

骨以外の筋肉や神経が

ほとんどです。

 

ハイボルト治療では、

まず、筋肉や神経がどんな状態なのか

検査することを重視します。

そして、ハイボルト機械は

検査をする機械でもあります。

 

病院では、患者様の

どこが

悪いから痛みがでると

口で説明してもらうと思います。

ハイボルト治療では、

根拠のある検査結果に基づいて、

患者様と一緒に、治療プランを

考えていくことが可能です。

それは、患者様自身も体感して

良くなってるか悪くなっているか

分かるからです。

これってすごく重要なこと

だと思います。なぜなら

 

原因が客観的にはっきりとわかると

患者様自身の治療意欲も高まって治りがはやいですし、

再発も防ぐことができます。

 

 

 

 

ハイボルト治療の登場で

もう、良くなってるかどうなのか

よくわからない状態を続けなくてもよく

なりました。

 

レントゲンとってもMRIとっても

いつまでたっても本当の原因はわからないんです・

 

当院で

痛みの出る原因を一緒に見つけませんか?