睡眠の質は腸内環境次第?

睡眠の質に関係している、

メラトニンという

ホルモン物質の

もっととなるものが

腸で作られています

 

だからこそ

腸の状態をよくしていくことで

眠りやすくなり、途中で起きることも

すくなくなると考えられています。

 

腸内環境を整えるとなると

よく言われるのが、乳酸菌をとることを

いわれるのですが、

今回は、何かをプラスする方向では

なくて、減らすアプローチを紹介します

 

それは、プチ断食です。

例えば、夜20時以降は何も食べないとか

朝食やお昼を野菜ジュース

などで、軽くすませるといったことです。

 

消化吸収という、腸の仕事をいったん

休めてあげることで、腸の調子をよくする

ねらいがあります。

一度、ためしてみるのもいいと思います(^^