お味噌汁にはたくさんのミネラルがはいってる

おはようございます。
ABC整体院の濱崎です。
自律神経の乱れを防ぐうえで、食事は大切になります
今日は、その点を書いていきたいとおもいます。
腸、内臓の不調は、自律神経の乱れによる不調の症状を引き起こす要因の1つです。
実際に、自律神経が乱れ気味の方は、下記のようなお悩みを抱えている方も多いのでは?
・疲れがなかなか取れない
・睡眠の質が良くない(寝起き・寝付きが悪い)
・外食が多い
・便秘がち
・むくみあり

中でも、特に女性の方に多いのが便秘です。

便秘は腸内に毒をためこんでいるのと同じです。
便は排泄することによって、体内に不要なものを出しています。
 

なので、いつまでも不要なものを体内に入れておくことは、身体にとっても害であることは間違いありません。

そして便秘が続くと、メンタル的にも落ち込みやすかったり、イライラしやすかったりと、不調をきたします。

これが腸脳相関といわれる所以ですね。
 
 

また、便秘と同時に、冷え性で、日頃汗をかきにくくなっているという方も多いです。
いつも通勤は自転車なのですが、街中でも35度を超える暑さの中でも、涼しい顔をしている方を見ると、心配になります。

いずれも体内に毒をためこんでしまい、上手く出せず、また必要な栄養素をしっかり取り込めていないことが原因で、
様々な不調を招いてしまっているのです。

 


実際にそういった循環を良くするために、5大栄養素であるミネラルは非常に重要な役割を果たします。
ミネラルを摂取するためのおすすめ食品は
お味噌汁です
なるべくカツオのだしをや昆布をいれるほうがいいです。
面倒な場合は、カツオのパックを1パック入れたり、
昆布の5センチ角に切ってあるものを
一つ入れるだけでも十分です。
不足しがちなミネラルしっかりとって
不調にならないように予防していきましょう!